イメージ画像

保育園で働く看護師

看護師の職場と言えば病院を思い浮かべる方は多いと思いますが、最近は病院以外にも看護師の活動の幅は広がっています。その中の一つに、保育園での看護師があります。保育園には患者さんはもちろんおらず、子供の健康を管理、サポートする業務が主な仕事になります。

子供は元気ですが、その反面病気にもなりやすいという性質を持っています。特に保育園では小さい子だと0歳からおり、免疫や抵抗力がないため、病気にもかかりやすいです。

看護師はこうした子供の健康状態に気を配り、異常が見られた場合には保育士の方と連携して、対応をしていく事になります。看護師はすぐにできる処置があればその処置を行い、保育士の方は保護者の方に連絡をして、看護師と共に子供の症状を説明します。

また、必要に応じて、その症状についてのアドバイスを行います。なるべく症状が悪化する前に、早期に発見する事が看護師の仕事となるため、常に子供に目を配っておく必要があるのです。

また、保育園には薬や備品も用意されていますが、こうした必要な物を準備しておくのも看護師の仕事となります。多くの場合、看護師は各保育園に一人となるため、その保育園での子供の健康管理業務全般が、その一人の看護師に任される事になります。

そのため、責任は大きくある仕事となります。通常の子供が元気な場合は、元気な子供と楽しく接する機会もあるため、子供が好きな方にはやりがいのある仕事と言えるでしょう。

また、その他の仕事としては、保育園での定期的に行われる健康診断の実施計画と運営、保健だよりの作成業務などもあります。業務時間は子供は夕方には帰るため、あまり長時間の残業にはならない所も多いので、比較的働きやすいというメリットもあります。

また、病院のように夜勤もないため、夜勤手当は付かない事になりますが、常に緊張感があり、慌ただしく動く環境とは違った環境で仕事をする事ができます。検討してみるのもお勧めの仕事です。

このページの先頭へ