イメージ画像

パート看護師の転職サイトの選び方

トップ画像

看護師の転職サイトの選び方についてです。転職サイトは数多くありますが、まずは口コミやランキングを参考にすると良いでしょう。転職サイトは数多くありますが、やはりその中でもサービスの質が良い優良サイトと、そうでないサイトに分かれてきます。

良いサイトは口コミなどで評判も広がっており、インターネットでその情報はチェックする事ができます。ランキング上位のサイトに登録しておけば、まず失敗はないと言えます。

最近の准看護師求人の転職サイトではアドバイザーという方が担当として付いてくれます、あなたの情報をヒアリングして、状況や希望を把握し、それに合わせて求人の紹介をしてくれたり、転職についてのアドバイスや相談を受け付けてくれたりします。

アドバイザーは通常選べないので、当たり外れというのも正直な所あります。評判の良いサイトや大手サイトはアドバイザーの質も安定しているため、大手サイトはまずは一つ、登録をしておくと良いでしょう。

もうひとつ、看護師に特化した転職サイトもありますが、このサイトでは、アドバイザーの方も看護師業界の経験があったり、看護業界に詳しい方が担当しています。そのため、看護師特有の悩みなども聞いて貰いやすいため、専門サイトも登録しておく事をお勧めします。

専門サイトも特に看護師の転職サイトは多くなってきているので、こちらもランキングや口コミで上位のものを選ぶようにしましょう。

最後に、転職サイトを利用して転職に成功すると、お祝い金が貰えるサイトというのもあります。祝い金は10万円などの金額が貰える事もあり、小さくない金額です。

逆に本当なのかと不安になってしまうかもしれませんが、こうしたサイトは比較的新しいサイトである場合が多いです。まだ新しく、利用者が大手に比べて多くないため、お祝い金のキャンペーンを行っています。サービスも力を入れている事が多いので、条件が合えば利用して転職するのも良いと言えます。
九州病院 | 地域医療機能推進機構

パニック障害・うつ病で休職した看護師が復職する際の注意点とは

人の生死と密接に関わる看護師たちは、日々強いプレッシャーの中で働いています。そのため、重圧に耐え切れず、うつ病やパニック障害など、心の病気を発症してしまう方も多いのです。ここでは、看護師がパニック障害やうつ病になる原因と、復職時に気をつけるべきポイントについて紹介します。

<< うつ病・パニック障害とは >>

うつ病やパニック障害は「心の病気」とも言われており、名前だけは知っているという方は多いかもしれません。ですが、「どのような症状なのか」、そもそも「どうして発症するのか」を、具体的に把握している方は少ないでしょう。以下では、うつ病やパニック障害の症状・発症原因について見ていきます。

1.うつ病はどんな病気?

うつ病は、真面目で責任感が強い人ほど発症しやすい精神疾患です。うつ病になるとひどい倦怠感に見舞われ、あらゆることに無気力になります。症状が悪化すると、日常生活もままならなくなることもあるのです。

看護は人の命に関わる仕事ですから、看護師にかかるプレッシャーや責任は非常に大きくなります。真面目な看護師ほど精神的に追い詰められ、うつ病になってしまうケースは少なくありません。

2.パニック障害とは?

パニック障害は、急にひどい動悸や息苦しさが起こり、時には死を覚悟するほどの不安感に襲われる病気です。精神に多大なストレスを受けると発症するといわれており、看護師がかかりやすい精神疾患の代表的存在です。

3.きちんと医師の診断を受けよう

うつ病やパニック障害は、自力で完治させることが難しい病気です。少しでも疑いがある場合は、精神科医や専門医の診断を受けましょう。決して自己判断はせず、必ず病院で治療を受けてください。

「服薬で心身のストレスを軽減させる」ことが、治療の基本方針です。特にパニック障害は、薬を飲むと症状がかなり緩和されます。発作で苦しんでいる方は、早めに医師に相談しましょう。

看護師がパニック障害やうつ病になる原因は?

看護師がパニック障害やうつ病になる原因のひとつは、精神への過剰なダメージです。以下では、看護師が心の病気になる理由として、よくあるパターンをいくつか見ていきます。

1.激務で身も心もボロボロに

大きな病院では夜勤や残業は当たり前で、非常に生活リズムが乱れやすくなります。労働時間が長く、貴重な休日も勉強会などで忙しいので、心身を休める暇がありません。激務で心身共にボロボロになった結果、うつ病やパニック障害を発症してしまう看護師は多いです。

2.人間関係の問題

看護業界は女性が多いため、職場の人間関係が複雑になりやすい傾向にあります。先輩や同僚とトラブルを起こしたり、いじめに遭遇して、心の病気になってしまう看護師は少なくありません。

パニック障害・うつ病からの復職時、気をつけるべきポイント

「症状が良くなってきたからそろそろ復帰したい」と思っても、すぐに仕事に戻るのは危険です。一度冷静になって、心身の健康状態を確認してみてください。以下では、パニック障害やうつ病からの復職を考えている看護師に、注意してほしいポイントをまとめました。

1.焦らずにしっかり治すことが大切

空白期間が長くなるのが怖いからと、焦って復帰しようと考えてはいけません。治りきっていない状態で働き始めれば、症状がより重くなりかねないからです。きちんと治療を続け、しっかり心身を休めることが、復帰への何よりの近道になります。

2.無理なく働ける部署に配属してもらおう

労働環境や人間関係が原因で心の病気になってしまった方は、できれば発症前とは違う部署で働きましょう。発症原因となった部署に戻ると、うつ病やパニック障害が再発してしまうリスクが高まります。

配属先を変えてもらえなかった場合、思い切って転職することも選択肢のひとつです。特に、激務が原因で心の病気を発症した方には、クリニックへの転職をおすすめします。入院施設のないクリニックは、基本的に夜勤や残業がないので、安定した生活リズムで働くことが可能です。

<<パニック障害・うつ病で休職した看護師が復職する際の注意点 まとめ>>

・うつ病やパニック障害は、精神的なストレスが原因で発症する

・看護業界は激務なので、心の病気が発症しやすい

・治りかけで職場に復帰するのはリスクが高い

・無理なく働ける部署に配属してもらおう

・配属先を変えてもらえなかったら、転職を考える必要がある

このページの先頭へ